VOICE

キングオブキングダム公式情報メディア

【キンキン王決定戦】優勝者インタビュー

最終更新日時:2023-04-20 17:24

優勝までの道のり

【準備】

シーズン1が終わる頃に各鯖の同盟が他鯖への同盟に対して外交始めたことによりそこからシーズン2が始まったと思っています。

炎上軍としては、まだその段階では他同盟とは外交していなくて、他同盟の動きを様子見していました。

というのも、最初の段階で他同盟に対して「友好同盟」を組みませんかと持ちかけても味方を作りすぎるとシーズン2そのものが炎上軍一強になって面白くないと考えたからです。

しかし、友好同盟を作らない事はシーズン1の段階で他鯖等の同盟に警戒され、アンチ炎上軍が誕生して炎上軍だけが孤立する可能性があったので、少なからず1~2つの同盟と組む必要がありました。

そこで、シーズン1が終わる2日前ぐらいに2鯖のTOP同盟である、「日本連合」と9鯖のTOP同盟である、「天下一品」に外交を持ち掛け、炎上軍含む3つの同盟で連合を組む事にしました。

その段階で他同盟とは外交する事なく、この3つだけでシーズン2制覇すると個人的に考えていました。
対して、アンチ炎上軍として3同盟存在しており、その他にも2つ中立とする同盟がありました。

この段階ではアンチ炎上軍としてる同盟とは最初から敵対関係である事をメンバーには周知していました。
中立としている同盟に対しても最初から敵対関係ではない、むしろ友好よりと考えていました。(後に敵に)

シーズン2始まる前に各同盟でせめて出生州を決めて序盤はやりあわないようにしようとなっていましたが、当日になってアンチ炎上軍が炎上軍の出生州に3同盟で被せてきたのです。

我々の連合は、既に3つの出生州に別れていて、

ブルームランドに「日本連合」
スノーランドに「天下一品」
ケイパル平原に「炎上軍」

と言う割り振りでスタートしていた為、アンチ炎上軍がケイパル平原に被せてきたことによって、炎上軍 vs アンチ炎上軍同盟3つの戦争が始まったのです。

【序盤】

しかし、炎上軍の成長スピードと侵攻スピードによって、アンチ炎上軍全同盟を壊滅させ、再起システムで、アンチ炎上軍が別の出生州に逃げた事によって、アンチ炎上軍の成長スピードとプレイヤーの士気の低下が見られました。

一方、炎上軍は3つの同盟を炎上軍のみで撃退したことによって、全体士気が高まり、資源州への最速攻略に向かいます。

資源州に最速で入ったことによって敵対同盟とは天と地の差で炎上軍の優勢だった為、かなりの侵攻スピードで資源州攻略を行いました。

【中盤】

まず資源州に入ってやるべきことは、資源州「ノール」と「ベルク」を繋ぐ関所を抑える事です。完全安置を作ることによって、安定した資源収入と兵士育成が出来るからです。

その為、炎上軍としてはまずノールにある城は攻略せずに、資源州同士を繋いでいる関所攻略を目指しました。
無事関所攻略したことによってこの段階でかなりのアドバンテージを炎上軍が得た事になりました。

このアドバンテージはかなり大きく、今後キンキンの戦争において重要だと思っています。
しかし、ベルクに侵攻出来たからと言って、まだ決戦州へ続く関所の攻略は不可能でした。(戦力的不足)

資源州に入ったタイミングでお互い中立だった2つの同盟と敵対する事になり、1週間に及ぶ戦争を行いました。

ベルク側の都市を巡りひたすら炎上軍連合と青天連合と戦い続け、途中で【序盤】に壊滅させた同盟が青天連合に加入したことによって、脅威が増しましたがそれに屈する事もなくひたすら長い間戦い続けました。

戦力が追いつくまで、ひたすらベルクを攻め続け敵の成長を止めながらも、昼間はノールの城攻略しつつ、夜はベルク侵攻というハードスケジュールで毎日行っていきました。

とある日、ベルクと決戦州を繋いでいる関所をやる事を決意しました。

これは敵側の資源州で関所をチャレンジするという、かなりリスキーな行動に出ましたが、これが勝負の分け目といっても過言ではないと思います。

▲画像を見たら分かる通り、青天連合が決戦州関所まで押し押せて、残り5分と言うところで、関所突破に成功し、ノワール城へ向かいます。

【終盤】

関所突破の後、敵対同盟は別の関所を4時間後に突破しますが、その時にはノワール城周辺に主城を設置して完全に固めていたので、この段階で優勝を確信しました。

ノワール城周辺を固めつつ、また戦力が整うまでひたすら敵対同盟と戦争してそこから1週間、2週間と経った所でゴールデンタイムの21時にノワール城攻略チャレンジをして無事にノワール城占領となりました!

ノワール城攻略後も敵対同盟は戦う意志を示していた為、敵対同盟が所有している、関所を全て奪って決戦州を炎上軍の物にして完全勝利を確信しました!

勝敗を決めたのは各州の関所を一番に攻略したのが決め手だったと思います。
今回はどの関所も一番に攻略して敵対同盟よりも一歩先常に行動していたのが大事でした。

【まとめ】

こうして炎上軍が優勝できたのは僕自身の力ではなく、炎上軍メンバーや炎上軍連合として共に戦ってくれた友好同盟の方々のおかげです。

中には睡眠時間を削って戦ってくれたメンバーもいれば、強くなる為に課金したりとリアルを犠牲にしてくれた方もいて、ストラテジーゲームでTOPになる為には仲間皆が一致団結してお互いを理解して共に戦う事が必要だな~と感じました。

S2を最後に炎上軍は解散しましたが、最強の同盟、最高の仲間達だったことは決して忘れません!

そして、S1、S2で対炎上軍連合で戦い続けて楽しい戦場を作れたことに感謝します。

次回はぜひ味方になって一緒に戦える事を願っています!
ありがとうございました。